廃品回収業者のトラブルとその対策

>

トラブルを避けるため、リサイクルの基本を知ろう

廃品回収業者による押し買い、盗難

品回収業者による押し買いの例も問題になっています。見積もり外の家具や電化製品、貴金属などをリサイクルの名目で、または回収費目的に、強引に買い取っていくパターンです。大抵は相場より低い値段で買い取ろうとするため、損をする可能性が高いです。断り切れず手渡してしまえば、後で取り戻そうと思ってもまず不可能なので気をつけましょう。ひどい例では、家の中に入り勝手に物色していく業者もいて、分からないうちに金品を盗んでいく例もあるようです。特に高齢者や女性などは狙われやすいようです。信用できない業者は家に上げないようにしましょう。また、だまされないように、手持ちの貴金属類なども、ネットなどで現在の価値を事前に調べておくと良いでしょう。

一般的な廃品回収の方法

参考までに不用品の処理の仕方をご紹介します。大きな家具などは、粗大ごみとして扱います。市区町村によって捨て方は定められていますが、たいていは自分で処理場に持ち込むか、有料で引き取りに来てもらうかです。
電化製品は電化製品販売店やメーカーにリサイクル料を払って引き取ってもらいます。目安としてはエアコン1500円くらい、テレビ15型以下1700円、16型以上2700円くらい、冷蔵庫170リットル以下3600円、170リットル以上4600円くらい、洗濯機2400円くらいです。それに運搬料や搬出料がかかってきます。5年以内の新しいものなら、リサイクルショップなどで買い取ってもらえます。
小型家電やパソコン、携帯電話などは各市区町村で回収ボックスが設置されていて、無料で回収してもらえます。


この記事をシェアする
B!