廃品回収業者のトラブルとその対策

>

廃品回収業者を選ぶ際に気をつける点

無許可の業者は利用しない

信用できる業者かどうかは、地域で長く営業できているかでも判断できます。許可証などの資格を確認することも必要でしょう。その市区町村の一般廃棄物回収運搬許可証がなければ、一般家庭の廃棄物は回収できないことになっています。回収後の廃棄物の処分方法も明確にしている業者なら信用できます。そして、個人情報の取り扱いについての許可を得ているPマークがあると、さらに安心です。
そして、料金体系がはっきり明示されているかも確認しましょう。逆に無料をうたっていたり、かなり安い料金を提示する業者には気をつけましょう。必ず、見積もり書や請求書、領収書など紙面でもらうことが大事です。後でもし、トラブルになった時の証拠となるように、出来るだけ正式なものをもらっておきましょう。

廃品回収業者のトラブルのまとめ

これまでご紹介したように、電話口や見積もり時より、実際に荷物を積み込んだ後請求される金額があまりにも高額で「話がちがう」という例、実際に家の中にあるものを強引に持って行き料金を請求する例などの料金トラブルの対策として、まずは事前に料金をはっきり確認する、見積書を書面などで残す、会社名や所在地を明確にすることなどが大切です。
見積もりの際には、相見積もりして、2社以上の料金を比較してみるといいでしょう。そして、回収費のほかに運搬費や解体費、搬出料、積み荷料などの費用がかかるかどうかの確認も忘れないようにしましょう。
そして、運悪く悪質な廃品回収業者に当たってしまい、断り切れなかったような場合には消費者センターなどに相談してみましょう。


この記事をシェアする
B!